​介護リフォーム

介護リホームとは、高齢者や被介護者にとって暮らしやすい家、介護者にとって介護しやすい家にする為に行うリフォームです。条件を満たせば介護保険制度の補助金や市区町村による助成金を受け取る事も出来ます。

当社は申請書の手続きから住宅改修まで豊富な知識、経験、実績を積み

お客様の要望に沿った工事を請けたまっております。

​ご質問やご相談などございましたらお気軽にお問合せくださいね。

​介護保険における住宅改修

要介護者*1が、自宅に手すりを取り付ける等(図、参照)の住宅改修を行おうとする時は、必要な書類を添えて、申請書を提出し、工事完成後、領収書等の費用発生の事実がわかる書類等を提出することにより、実際の住宅改修費の9割相当額が償還払いで支給されます。

​但し、支給額*2は支給限度基準額(20万円)の9割(18万円)が上限となります。

*1、要支援、要介護度の区分に関わらない

​*2、ひとり生涯20万円までの支給限度基準額ですが、要介護度が3段階上昇時、また、転居した  場合は再度申請することが出来ます。

           【補助金支給の対象となる工事】

1、手すりの取り付け

2、床の段差の解消

3、滑り防止・スムーズな移動のための床材の取替え

4、引き戸など使いやすい扉への取替え

5、洋式便器などへの取替え

​6、上記1~5の工事をする際に必要な付帯工事